ピザは十勝のどんぶりだ!

「パピリカ」でお出ししているピザは、生地に使う小麦粉は十勝産100%。そして載せる具材も、十勝の恵みである豊かな農産物と広大な牧場で育成されたストレスフリーの畜肉です。すべての素材が十勝でまかなえるため、ピザは十勝の「どんぶり」であり、十勝人のソウルフードといえるでしょう。

9月3~4日、とかちマルシェに出店します!

f:id:papirica:20160818092545p:plain

https://www.facebook.com/tokachimarche/?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf

昨年秋、初めて出店した「とかちマルシェ」では、「揚げピザ」を販売し、2日間ともお昼早々に完売するなど、大変好評でしたが、今年も9月3日と4日の2日間、とかちプラザ南側の飲食コーナーに出店いたします。もちろん、ご提供するのは、昨年同様の「揚げピザ」です。

 

揚げピザは、イタリアでは、Panzerotti(パンツェロッティ)と呼ばれ、歩きながら食べられる気軽なピザです。ピザ生地で具材を包んで揚げたピザの包み揚げのことですが、中にトマトとモッツァレラを入れたマルゲリータのほか、ミートソースを入れたり、チョコレートを包んだデザート風のものまでバリエーションは豊富です。ちなみに、ピザを折りたたんで半月状にして焼いたものは「カルツォーネ」といいますが、パンツェロッティは、これを小さくして揚げたものと思ったらいいですね。

 

南イタリア発祥のようですが、1817年創業のミラノの老舗揚げピザ専門店「Luini ルイーニ」が有名で、日本でも2009年にオープンした東京の「C'est Moi セモア」が揚げピザの専門店として出店。以来、各地に専門店ができているようです。

 

パピリカでも、イベント出店のときには、この揚げピザを販売していますが、手軽に食べられること、安価でいろいろな種類のものがご提供できるので、持ち帰りのお客さんにも人気です。今回の「とかちマルシェ」では、前回の反省を生かし、あまり早く完売しないよう、多めに持っていきますが、いろいろな種類の揚げピザを楽しみしたいなら、なるだけお早めにご来店ください。お待ちしております。

 

 

女性の声には神が宿る!

PAPIRICAのこだわり⑤

f:id:papirica:20160803082957j:plain

 

開店以来、店内BGMには自分のお好みのCDをかけていますが、これにも当店独自のルールがあります。それは「女性ボーカル(ただし外人シンガー)」しか流さないこと。これは今までも、そしてこれからも変わらない、PAPIRICAのこだわりです。

 

初めて十勝にやって来たとき、「この風景になじむ音楽は、”ノラ・ジョーンズ”しかない」と思い、来る日も来る日も、飽きることなく彼女の歌声を聞きながら運転していました。たまたまあるサイトの読者アンケートで、「安全運転に一番適した音楽はノラ・ジョーンズ」と言う結果が出たことを知り、納得! と思いましたね。

 

PAPIRICAをオープンした当時に流したのも、もちろんノラでした。私は同じCDをすり切れるほど聞いても飽きない性格なのですが、さすがに店のスタッフから「もう聞き飽きた」と言われ、渋々、ほかの女性シンガーのCDに切り替えました。ところが、しばらくして長雨のためにお客さんが来ない日が続いたので、神頼みならぬノラ頼みで、再びノラのCDを流したところ、驚くことに、すぐに客足がもどったことがあり、やはり「ノラはPAPIRICAの守護神だ!」と確信しましたね。

 

とはいえ、困った時のノラ頼みを続けると、いつか神通力が失われると思い、それ以来、よほどのこと(?)がなければかけなくなりましたが(笑)。

 

というわけで、これまで店内でCDをかけた女性シンガーBEST5を上げてみました。

1位 ノラ・ジョーンズ   (文句なしのダントツ1位ですね)

2位 ダイアナ・クラール  (彼女の声には本当に魅了されます)

3位 ステイシー・ケント  (癒やされる歌声です)

4位 エンヤ        (やっぱり外せない)

5位 キャンディス・スプリングス (ノラに似てる。最近のハマリ)

 

番外 テイラースイフト  (クルマの中でもよく聞いてました)

番外② パフューム     (これはクルマの中でしか聞けない)

番外③ BABY METAL    (最近、Youtubeで毎日聞いて・・見てます)

 

ところで、オープン直後に有線放送の営業マンが来店、「うちはCDしか流さない」と追い返したところ、すぐにJASRACから連絡があり、「あなたの店ではCDをかけてるらしいけど、CDを流しても著作権料の支払いが発生しますよ」と言われ、びっくり。こいつらつるんで金をむしり取る。こんな商売、通用するんですかね。

 

 

 

 

 

特製チリビーンズは上士幌産の11種類の豆を使用

PAPIRICAのこだわり④

4年前に地域おこし協力隊として赴任した直後、この町には、30種類近くのジャガイモを作っている全国的に有名な農家さんがいると聞き、すぐに会いに行ったのが村上農場でした。広大な畑の中の瀟洒な邸宅。家の中に案内されると、階段から降りてきたのはとても素敵なこの農場の女主人・智華さんでした。しかし、彼女の語るお話はとても興味深く、まさに驚きの連続だったのです。

 

育成しているジャガイモの品種の多さは特筆ものですが、むしろ驚いたのはジャガイモの熟成方法と官能テストによる「おいしい時期」の見極め方でした。今でこそジャガイモを熟成する農家さんは増えていますが、単に越冬させれば一様においしくなるとは限りません。「神の舌」を持つ智華さんは、品種ごとに熟成時期に応じた食味テストを行い、「おいしさ」の適正時期を見極めるためのデータを取り続けたのです。それをもとに、その品種の一番おいしい時期に出荷するという、とても丁寧で手間のかかる販売方法を行っていました。

f:id:papirica:20160707093507j:plain

ジャガイモだけじゃありません。十勝を代表する「豆」も手が込んでいました。在来種を見つけ出すことから始まり、適正品種の選出と育成、乾燥方法までこだわり、さらに調理が面倒というイメージが強い豆料理を広めるため、また豆本来のおいしさを引き出す意味からも、いくつかの豆を組み合わせて出荷するようになったそうです。

 

パピリカでは、十勝のシンボルでもある「豆」はいろいろな料理に使用しています。「十勝ハーブ牛のもつ煮込み」には白いんげん豆、そして豆そのもののおいしさを味わえる「チリビーンズ」は目玉メニューのひとつです。チリビーンズには当初、村上農場で作られている5種類の豆(大正金時、紅絞り金時、福白金時、中長うずら、音更大袖大豆)をミックスしたものを使っていましたが、さらにバージョンアップして、昨年秋ころから11種類の豆ミックスを使うことにしました。

 

11種類の豆とは、5種ミックスにも使われている、大正金時、紅絞り金時、福白金時、中長うずらのほかに、鞍掛大豆、とら豆、パンダ豆、貝豆、緑貝豆、紫花豆、白花豆です。この組み合わせはまさにベストミックス! 11種類という数の多さに反応するお客さんも多く、ご説明するとすぐ注文、というパターンが多いのですが、スタッフ自身も好きなこともあり、自信を持っておすすめしています。

f:id:papirica:20160707093716j:plain

ピザにのせて食べてもよし、そのままチリビーンズとして食べてもよし。このうまさにはまること間違いなしの一品です。

地元のハチミツ3種を味比べしてみませんか?

PAPIRICAのこだわり③

f:id:papirica:20160701095358j:plain

上士幌町には、国産のハチミツを生産・販売している「十勝養蜂園」があります。日本で売られているハチミツのほとんどは輸入もので、国産のハチミツの生産量はわずか6%程度とか。十勝養蜂園は、地元上士幌町糠平地区で採取した「シナ(菩提樹)蜜」のほか、十勝各地で採れた「アカシア蜜」や「クローバー蜜」、また「ソバ蜜」や時期によって「サクラ蜜」なども扱っています。

 

当店では、4種のチーズを使ったピザ「クアトロ・フォルマージュ」をお出ししていることもあり、このピザを注文された方にはこのハチミツをかけて提供していました。チーズにハチミツが合うことを知ったお客さんからは、とても好評でした。

 

昨年、たまたま私の娘が鎌倉を旅行中に立ち寄ったレストランで、数種のハチミツを選べるサービスをしていたということを聞き、パピリカでもハチミツのチョイスができるサービスを始めました。ハチミツのチョイスができるのはもちろん、国産の貴重なハチミツを味わえるとあって、今ではこの4種のチーズのピザとハチミツのサービスは人気メニューになっています。

 

今は、定番の「シナ蜜」のほか、「アカシア蜜」と「クローバー蜜」の3種類をセットにして提供していますが、「クローバー蜜」の入荷はしばらくするとなくなりそうだというので、次は「トチ蜜」に変えようと思っています。

 

チーズとハチミツのベストコンビネーションを体験してみませんか?

 

8月5日~7日、熱気球が空を舞う

上士幌町熱気球のメッカです

パピリカのある上士幌町は、日本で最初に熱気球の大会が開かれた名誉を持つ町です。1974年、自作の熱気球を飛ばしていた学生グループが集まり、たまたまその中のメンバーのひとりが研修で来たことのあるこの町の町議に話を持ちかけたことから、日本初の大会が開かれることになったのです。

以来、今年で43回目を迎える「北海道バルーンフェスティバル」は、道内はもちろん、日本各地から集まる熱気球愛好者にとっての一大祭典になりました。

今年は、8月5~7日の3日間の開催です。夏の大空に、色とりどりの熱気球が一斉に飛翔する姿は圧巻です。

そしてなにより、メイン会場の「上士幌町航空公園」は、パピリカのすぐそばにあり、また飛行コースにもあるため、店内から熱気球が風に漂っている光景をみることができます(ただし、朝7時くらいにはなりますが・・・)。

とはいえ、天気に左右される大会のため、雨や風が強いときは大会は中止になることも。そんなときは、当店でのんびり時間を過ごしてください。

 

f:id:papirica:20160630074350j:plain

新鮮なバジルで作ったパスタ・ジェノベーゼ

これからのシーズンは、北海道がいちばんおいしくなる時期です。ズッキーニやトマト、とうもろこしやメロンなど、夏の日差しを浴びた採れたての野菜やくだものをたっぷり味わいたいですね。

いつもは沖縄や愛知などから取り寄せているバジルも、いまならこの町でも新鮮なものが取り放題。ならば、バジルで作ったジェノベーゼソースをパスタと和えた「パスタ・ジェノベーゼ」は、今が旬です。

たっぷりのバジルをにんにくと松の実、くるみなどと一緒に、たっぷりのオリーブ油をまぜてフードプロセッサーで混ぜ合わせればソースのできあがり。これを和えるだけで、バジルの香ばしさと果実の甘さが絶妙に絡んで、緑のパスタが出来上がります。食欲も沸いて、夏にぴったり!!

f:id:papirica:20160629091417j:plain

f:id:papirica:20160629091530j:plain

8月11日は「ピザ de 朝ごはん!」

この夏、8月10-11日の2日間にわたり、町を挙げて行う体験観光イベント「上士幌 体験マルシェ」が近づいてきました。もちろん当店も、オープン以来、ご希望に応じて「ピザの手作り体験」を行ってきているので、このイベントに参加します。お申し込み、お待ちしています。

パピリカ発「ピザ de 朝ごはん」

上士幌町「航空公園キャンプ場」に、移動式の小型ピザ窯を設置して、手作りピザ体験を行います。体験内容は、ご用意したピザ生地を自分の手で伸ばして形を作り、その上に好きな具材を載せて、自分だけのピザを作ります。上手に作れなくても、自分で手作りしたピザは愛おしいもの。あとは待つことわずか1分半。見事に焼けたピザをお楽しみください。おいしい空気の中で食べるピザは格別。キャンプ場での朝ごはんにぴったりです。

 

実施日:8月11日(木) 朝8:00~9:30

料 金:500円

定 員:先着50名

申込み先:上士幌町観光協会 ☎01564-4-2224

 

f:id:papirica:20160717101715j:plain

 

f:id:papirica:20160717101816j:plain