ピザは十勝のどんぶりだ!

「パピリカ」でお出ししているピザは、生地に使う小麦粉は十勝産100%。そして載せる具材も、十勝の恵みである豊かな農産物と広大な牧場で育成されたストレスフリーの畜肉です。すべての素材が十勝でまかなえるため、ピザは十勝の「どんぶり」であり、十勝人のソウルフードといえるでしょう。

「自然派」ワインとの出会い④

琥珀色に輝くワインに魅了される

f:id:papirica:20161007080406j:plain

新しいワインが入荷すると、なるべくスタッフと一緒にワインの試飲会をするようにしています(もちろん、未成年のバイトは除きますが)。ワインをお勧めする以上、サービスするスタッフもその味わいを知らないと困りますもんね。その試飲会で、あるスタッフから、「店長の一番のお勧めワインはなんですか?」と聞かれ、即座に頭に浮かんだのがTRINCHERO/トリンケーロの「a-iute! Bianco」(ア・ユート ビアンコ)でした。

 

トリンケーロは、イタリア北部ピエモンテ州にあるワイナリーで、創業は1925年と古く、特に土着品種のバルベーラを使った「ヴィーニャ・デル・ノーチェ」が有名です。1929年に植えられた古木があり、樹齢の高い樹から厳格に収穫して、自然酵母で発酵させ、オークの大樽で2年以上熟成させています。また15年以下の樹齢の低い樹のブドウは、一切自社のワインには使っていないというこだわりも。

 

この「ア・ユート ビアンコ」が気に入ったのは、白ワインと言いながら、見かけはウイスキーのような琥珀色にもかかわらず、香りにはリンゴや紅茶のようなアロマがあり、また飲んでみると、渋みと甘みのバランスが絶妙で、さらにコクのある味わいにすっかり魅了されてしまいました。その見かけと味わいのギャップに、思わず「なんだこれ?」と叫んでいたのを覚えてます。さながら、日本酒なら純米古酒の雅趣がありましたね。

 

そして、さらに興味を引かれたのは、このワインが、実に逸話に富んでいたこと(ワイン通なら、みなご存じの話でしょうが)。

 

今から10年ほど前の2005年、ピエモンテは多雨に見舞われ(まるで今年の十勝のように)、ブドウの生育が悪く、選果を余儀なくされたために、同社では予定数量が確保できなかったそうです。そのため、なんとか収穫できた白ブドウ3種(アルネイス、シャルドネ、マルヴァジーア)をすべてブレンドするしかなかったのですが、このブレンドが奇蹟を起こし、とても味わいの深いワインに仕上ったそうです。それがこの「ア・ユート ビアンコ」でした。

 

この奇蹟を祝い、「ア・ユート=神の助け」と名付けたのがその名の由来なのですが、実はトリンケーロと深いつながりを持つ、日本の輸入元のヴィナイオータの太田社長の息子さん「ゆうと君」にあやかったということもよく知られています。

 

琥珀色に仕上っているのは、赤ワインを作る時と同様に、白ブドウの果皮を早めに取り除かず、果皮からの成分を抽出する「マセレーョン」を長めに行っているからで、これはイタリアの伝統的な醸造方法でもあります。最近は、こうしたワインを、白ワインではなく、「オレンジワイン」と言うようですが。

 

とまれ、この「ア・ユート」は当店の看板商品なので、なるだけ多くの人に試飲してもらっていますが、みなさん、飲んだ瞬間に、「えーっ??」と、驚かれるので、それがうれしくて、ついつい一緒に飲んでしまいますが(^0^)

 

 

 

 

 

 

「自然派」ワインとの出会い③

ワイン好きが嫌う?!「自然派」ワイン

f:id:papirica:20161127083747j:plain

店に置くべきワインを求めて、評判が良いと言われる酒屋さんを探し歩いては、彼らのお勧めワインを飲んでみたのですが、どうも自分の「舌」には合わない。何が違うのか、いまひとつわからないまま、あるとき、おつきあいしている農家さんからアドバイスをもらいます。それが私のワインの師匠であり、「神の舌」を持つ、例の瀟洒な館の女主人でした。

 

彼女にはすでに何軒か酒屋さんを紹介してもらってはいたのですが、どれもいまひとつであったことを伝えると、「じゃあ、"自然派"ワイン、やってみる?」と。なるほど、これまでのことは「試験」のようなもので、私の「舌」のレベルをテストされていたのかと気付きました(^0^)

 

いわゆる「自然派」ワインは、原料のブドウを栽培する際、化学肥料を使わず、また有機栽培したものを使用。また野生酵母を使ったり、果皮をあまり除去せずに醸造し、酸化防止剤も極力、減らすといった、昔からの醸造方法を再現することで、なるだけ「自然のまま」の造りを目指しているワインのことです。「安全・安心」な食べ物へのこだわりとともに、環境に配慮したサステイナブルな農業のあり方からも、これからの主流になって来るのは間違いないと思います。

 

最近、ジワジワ人気の出てきている「自然派」ワインですが、昔からのワイン好きの一部には、抜栓した直後に匂う「還元臭」を敬遠する人が多く、意外に不評なことも知りました。あるワイン会で、「"自然派"が好きな奴は、そればかりしか飲まないからな。"ビオ、ビオ、ビオ"と、ビオワイン礼賛ばかりだものね」と、からかわれたことをよく覚えてます(コノヤロー、見てろよ?)

 

とはいえ、イタリアやフランスなど、温暖で乾燥した地中海性気候に恵まれた地域では、急斜面を利用して栽培されているブドウは、農薬はほとんど使用しなくても育つので、ビオワイン造りに適しているようです。むしろ、それこそがこの地のワイン造りのスタンダードなのかもしれませんね。

 

 

11月20日は「ピザの日」です。

今年もマルゲリータを500円でご提供!!

ピザの日」があるってご存じでしたか?

1861年、分裂していたイタリアが統一され、初めての国王となったのがウンベルト1世でした。イタリア統一を祝して、ナポリのピッツェリアの名店に勤めていたラファエレ・エスポジトは、イタリア国旗をかたどって、赤=トマト、緑=バジル、白=モッツァレラという、3色のピッツァを作り、国王夫妻に献上します。

 

これを気に入ったのが王妃のマルゲリータで、そのため、このピッツァは彼女の名前からとって「マルゲーリータ」と名付けられます。そして彼女の誕生日が11月20日だったことから、この日が「ピザの日」になった言われています。

 

昨年もパピリカでは、この「ピザの日」を記念して、マルゲリータを通常のほぼ半額の500円でご提供しましたが、大変好評だったこともあり、今年もマルゲリータを500円でご提供いたします。実施期間は、11月20日(日)~11月23日(水)の4日間です。ぜひご来店ください。(21日は本来、定休日ですが、今週は営業いたします)

f:id:papirica:20161112203255j:plain

 

「自然派」ワインとの出会い②

ワインもスローフード

f:id:papirica:20161021100929j:plain

1冊の本がきっかけでした。『イタリアワインの㊙ファイル』。なんだか怪しげなタイトルでしたが、著者のファブリツィオ・グラッセッリさんの解説は、これまで私が感じていたワインに対する疑念や懸念を払拭してくれました。

 

彼の指摘で納得したのは、

①今やワインビジネスはグローバルなマーケットになっているため、ブルゴーニュやボルドーなどの高級ワインが有名なフランスワインの多くが、いわゆる"ブランド品"として流通しており、それがワールドワイドな企業の儲けの源泉になっている。

 

②この「システム(=カルチャー)」がメインストリームなので、フランス以外のワインも同じ価値観の延長にあり、だからカリフォルニアでもオーストラリアでもカベルネやピノ・ノワールシャルドネのようなフランスワインに使われる主要品種で使ったワインばかりになっている。

 

③そのため、ロバート・パーカーのように、すべてのワインを100点満点で採点するといった、馬鹿げた発想が生まれ、その「価値基準」をビジネスに利用する人たちが増えてしまい、ワインの多様性がなくなってしまった。

 

いささか誇張があるとはいえ、イタリアワインは、こうしたビジネス風潮に染まらず、依然、イタリア伝統の「スローフード」の精神を守っている(中にはビジネスライクなところもあるのは確かですが・・・)というのが、彼の主張です。

 

その証拠に、

①イタリアワインの多くは、その地域で採れる土着品種を使うため、ブドウ品種の数がやたら多く、それがワインの多様性につながっていること。これまで聞いたことがないブドウ品種がたくさんあるのに驚きました。

 

②その地域の人たちが飲むことを前提にしているので、ワイナリーごとの生産量はそれほど多くなく、未だに瓶詰めもせず、量り売りしかしていないワイナリーもあるようです。しかし、その地域の特性を生かしたワインに合わせる料理も多様性にあふれ、これが「スローフード」の文化を支えています。

 

かつてイタリア・フィレンツェで、「ブルネッロ・デ・モンタルチーノ」を飲んで以来、すっかりサンジョベーゼというブドウ品種が気に入ってましたが、こうした背景を知ったことで、さらにイタリアワインに傾倒することになったのです。

 

 

「自然派」ワインとの出会い①

イタリアワインじゃだめですか?

ワインの話を書かなくては、と思いながら、どうしても話が長くなるので、ちょっと躊躇してました。お客さんからは、「イタリアワインばかりなんですね?」と聞かれることが多く、「うちはピザ屋なので、当然、ワインはイタリアなんです」と答えていましたが、正直、本当は言いたいことはたくさんあるんです(^0^)。

 

なぜ、イタリアワインか、と聞く人の多くは、みなフランスワインが好きですね。本屋に並ぶワイン入門書のほとんどは、たいていフランスワインのことばかり書いてるし、ロマネコンティ信仰やいまだ続くボジョレーヌーボー騒ぎを見ても、ワイン=フランスと思っている人が多いのはよくわかります。

 

でも、歴史で言えば、グルジアの方が遙かに古いし(ワインの解説書には、ほとんどグルジアのことは書いてませんが、グルジアは8000年前からワインを作っていた発祥の地、らしい)、国別の生産量なら、昨年、イタリアはフランスを上回り世界一になりました。それに、アメリカや豪州などのニューワールド系も質の面ではいまや遜色ありません。にもかかわらず、日本の「フランスワイン至上主義」には根深いものがあります。

 

私もフランスワインが嫌いなわけじゃありません。30年ほど前、雑誌記者をしていた当時、フランス食品振興会のプレスツアーで、フランスの主だった生産地を3週間かけて回ったこともありました。それも日本代表のソムリエさんたちと一緒に。今なら考えられないことですが、ワインのことを何も知らない人間が、連日、有名な生産者主催の宴に招かれ、素敵なランチと豪華なディナーを食べ続け、うんざりするほどヴィンテージ・ワインを飲み続けたんですから。

 

ブルゴーニュの美しさとこの地の人々のワイン作りにかける情熱に感動はしたものの、その後、「ワイン好き」になることはありませんでした。その理由のひとつは、当時はまだワインは「超高級品」であり、ワインビジネスにかかわる人たちに特有の「エリート意識」が鼻に付いたから。そして彼らの推奨するワインと、われわれが普通に手に入れられるテーブルワインとの品質差があまりに大きかったことです。

 

せっかく本物のワインに接するチャンスに恵まれたものの、以後、しばらくは日本酒一辺倒でした。それがなぜ、またワインに戻ったのか。そのきっかけを作ってくれたのがイタリアワインでした。

f:id:papirica:20161007080222j:plain

 

 

 

「スロウ村の仲間たち 2016」に出店します

10月も「ピザの手作り体験」やります

f:id:papirica:20160914091943p:plain

雑誌「スロウ」が主催している「スロウ村の仲間たち」は、毎回、素敵なお店や工房が参加していて、とても楽しみにしているイベントです。いつか参加したいと思っていましたが、今年はついにパピリカも出店できることに!!

 

このイベントは、すてきな仲間たちとの交流が目的のひとつでもあるので、ただ物販をするのじゃもたいないと思い、パピリカはこの夏にも行った「ピザの手作り体験」というワークショップをしようと思っています。

 

ピザの手作り体験を行っているところはいくつかありますが、パピリカでは、当店の作り方そのままに、十勝産100%の小麦粉、十勝産の生イーストを使い、十勝の旬の農産物をふんだんに使って、自分だけのピザ作りに挑戦してもらいます。

 

小麦粉から生地を作ることから始めますが、時間がないという方には、当店でご用意した生地に好きな具材をのせて焼いて食べるだけでも、十分手作りピザをお楽しみいただけます。かわいいピザ窯を持って行くので、目の前でピザが焼けるのを見るのも楽しいですよ。会場でお待ちしております。

 

 

 

 

ドールケーキが評判です!!

ケーキの注文、お受けします

f:id:papirica:20160913091209j:plain

先日、当店で初のウェディング・パーティがありました。うちの昼のスタッフで、パティシエでもあるチーちゃんのアイデアで、ドールケーキをご用意しようと新郎・新婦にご提案したところ、「うわーっ、かわいいですね。ぜひお願いします!!」という話になり、写真のようなドールケーキができました。

 

新郎・新婦はもちろん、会場に参列されたみなさまからも絶賛の声をいただき、2日がかりで完成させたチーちゃんも満足顔。デザートは彼女にお任せしているので、途中は横目で見るだけでしたが、まさか本物のリカちゃん人形がすっぽりケーキにくるまれるとはびっくり。おまけに、リカちゃんの髪は、美容師でもある彼女のおかあさんが結ってくれたものだけに、見事な出来映えでした。

 

昨年春にランチを始めたころから、デザートをどうするか悩んでいました。料理は作れても自分にはデザートは作れない。ところがしばらくして、パティシエの看板を引っさげてチーちゃんが登場。早速、ケーキ作りをお願いしました。今ではチーズケーキやカタラーナはパピリカの定番となり、「これ手作りなんですか?」と聞かれることもたびたび。デザートが美味しいとやってくる女性客も増えています。

 

製作意欲満々の彼女が、昨年、クリスマスに作りたいと言ってきたのは、下の写真の「パリブレスト」でした。これはフランスの自転車競技にあやかって創作されたシュー生地を使ったデコレーションケーキです。なかなか豪華なケーキだけに、クリスマスにはぴったりで、ご注文されたお客様からもお褒めの言葉をいただきました。

f:id:papirica:20160913094050j:plain

 

これから誕生日や子供会、女子会やクリスマスなどのパーティはもちろん、ウエディング・パーティ用のケーキの注文もお受けしようと思っています。どんな注文にも対応できると思うので、ご希望お寄せください。さて次はどんなケーキを作りたいと言ってくるか楽しみです。