読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピザは十勝のどんぶりだ!

「パピリカ」でお出ししているピザは、生地に使う小麦粉は十勝産100%。そして載せる具材も、十勝の恵みである豊かな農産物と広大な牧場で育成されたストレスフリーの畜肉です。すべての素材が十勝でまかなえるため、ピザは十勝の「どんぶり」であり、十勝人のソウルフードといえるでしょう。

「自然派」ワインとの出会い⑤

VIVA! BAROLO!! いつかは自分の店に置きたいと思っていたワインのひとつが、あの「バローロ」です。そして今月からついにバローロを置くことにしました!! それがこの「GIOVANNI CANONICA」(写真左)です。 イタリア・ピエモンテ州はジビエでも有名で、そんな…

「自然派」ワインとの出会い④

琥珀色に輝くワインに魅了される 新しいワインが入荷すると、なるべくスタッフと一緒にワインの試飲会をするようにしています(もちろん、未成年のバイトは除きますが)。ワインをお勧めする以上、サービスするスタッフもその味わいを知らないと困りますもんね…

「自然派」ワインとの出会い③

ワイン好きが嫌う?!「自然派」ワイン 店に置くべきワインを求めて、評判が良いと言われる酒屋さんを探し歩いては、彼らのお勧めワインを飲んでみたのですが、どうも自分の「舌」には合わない。何が違うのか、いまひとつわからないまま、あるとき、おつきあい…

「自然派」ワインとの出会い②

ワインもスローフード 1冊の本がきっかけでした。『イタリアワインの㊙ファイル』。なんだか怪しげなタイトルでしたが、著者のファブリツィオ・グラッセッリさんの解説は、これまで私が感じていたワインに対する疑念や懸念を払拭してくれました。 彼の指摘で…

「自然派」ワインとの出会い①

イタリアワインじゃだめですか? ワインの話を書かなくては、と思いながら、どうしても話が長くなるので、ちょっと躊躇してました。お客さんからは、「イタリアワインばかりなんですね?」と聞かれることが多く、「うちはピザ屋なので、当然、ワインはイタリア…

女性の声には神が宿る!

PAPIRICAのこだわり⑤ 開店以来、店内BGMには自分のお好みのCDをかけていますが、これにも当店独自のルールがあります。それは「女性ボーカル(ただし外人シンガー)」しか流さないこと。これは今までも、そしてこれからも変わらない、PAPIRICAのこだわりです。…

特製チリビーンズは上士幌産の11種類の豆を使用

PAPIRICAのこだわり④ 4年前に地域おこし協力隊として赴任した直後、この町には、30種類近くのジャガイモを作っている全国的に有名な農家さんがいると聞き、すぐに会いに行ったのが村上農場でした。広大な畑の中の瀟洒な邸宅。家の中に案内されると、階段から…

地元のハチミツ3種を味比べしてみませんか?

PAPIRICAのこだわり③ 上士幌町には、国産のハチミツを生産・販売している「十勝養蜂園」があります。日本で売られているハチミツのほとんどは輸入もので、国産のハチミツの生産量はわずか6%程度とか。十勝養蜂園は、地元上士幌町の糠平地区で採取した「シナ(…

モッツァレラは白糠酪恵舎から

PAPIRICAのこだわり② ピザの命はなんといっても「生地」。つまり使う小麦粉と生地に生成していく技術が一番重要なんですが、その次に重要なのがチーズ、特にすべてのピザに使うモッツァレラというフレッシュタイプのチーズです。 味のベースとなるモッツァレ…

生地は十勝産100%小麦で

PAPIRICAのこだわり① ピザは今や世界中で食べられている食べ物ですが、ピザ好きと言えば、米国とイタリアが双璧(最近は中国で大ブームですが)。しかし、PAPIRICAはイタリア、特にナポリピッツァをベースにしています。 日本では大手デリバリーチェーンの米国…